一般社団法人 林業人材育成支援普及センター

設立趣旨

 わが国の森林・林業が、これまでの資源の育成段階から利用の段階への移行期を迎えるなか、国産材の安定・効率的な供給体制の整備に向けて、施業の集約化、路網の整備、低コスト作業システムの導入、加工・流通体制の効率化等を進めていくことが大きな課題となっています。

 これらの課題への対応にあたっては、地域の関係者が連携した組織的な取り組みが必要であり、これを的確に推進するためのマスタープランづくり、森林施業の計画づくり、路網作設等の基盤づくり、さらには安全で効率的な現場の体制づくり等の各分野をリードする人材の育成が欠かせません。

 このため、国が作成した森林・林業再生プラン及び関連施策において、人材育成は主要な柱の一つとされ、国・地方公共団体・森林組合・事業体及び関係団体等が連携協力してその推進に取り組むことが期待されています。

  このような状況を踏まえ、これまで、林業後継者の育成支援や、地域の林業を担うリーダーの育成等の人材育成に取り組んできた林業普及指導事業関係団体の関係者が、連携協力して人材育成の推進に役割を果たしていくこととし、これまで蓄積した知識やノウハウを活用して人材育成活動への支援や人材育成に関係する知識・情報の普及を行う一般社団法人 林業人材育成支援普及センターを設立いたしました。

本法人においては次のような事業を行うことにより、人材育成のための各方面の取組を支援し、あるいは人材育成に役立つ知識・情報を普及することにより、その効果的な推進を図り、森林・林業の発展に寄与していきたいと考えています。

〈当センターで予定している主要事業〉



定款

定款をご覧いただけます