お知らせ・トピックス情報をお寄せください。
森林・林業・環境・地域づくりなどにかかわる話題を紹介します。

平成28年度 中国・四国ブロック林業グループコンクール~1位は山口県・里の山小行司(さとのやまこぎょうじ) 2016/11/18

イメージ画像 イメージ画像

 平成28度中国・四国ブロック林業グループコンクール(主催/高知県、全国林業研究グループ連絡協議会、高知県林業研究グループ連絡協議会、後援/全国林業改良普及協会)が、7月28日(木)~29日(金)に高知市(高知共済会館)で開催され、1位(最優秀賞)に山口県の「里の山小行司(さとのやまこぎょうじ)」、2位に高知県の「香美市林業婦人部」が選ばれました。 
 また、コンクール終了後、高知県土佐町の自伐林家・筒井順一郎さんが、ご自身の経営と活動について講演しました。

<参加林研グループ>

高知県  香美市(かみし)林業婦人部
鳥取県  若桜町林業研究会
島根県  三隅町林業研究グループ
岡山県  新見市新林業経営者クラブ
広島県  三次市(みよしし)森林・林業研究会
山口県  里の山小行司(さとのやまこぎょうじ)
徳島県  海部郡(かいふぐん)林業指導者会
香川県  白鳥林友会
愛媛県  四国中央地区林業研究グループ連絡協議会

<審査結果>

1位/山口県  里の山小行司(さとのやまこぎょうじ)
 「里の山小行司」は県南東部の田布施町・小行司地区にあって、会員数は18人。男性7人、女性9人、そして子ども2人。子どもも会員になるなど、集落ぐるみの林研グループと言えます。
 地域の森林を活用した様々な活動を楽しみながら行うことにより、良好な里山をつくることを目的としており、下記のように実に多彩な活動をつづけています。
 ①ギフチョウの保護活動、②ヒノキの炭焼き教室、③木工教室などの指導、竹林整備とそうめん流し、しめ縄作りと蕎麦打ち、小行司の桜マップ作成と植樹、④草木染めなどの研修会、⑤小中学生を対象にした森林体験教室、⑥会報誌「里の山小行司」の発行。
 集落ぐるみのグループですが、集落内にとどまらず、炭焼き教室などを通じて広く都市住民への発信、交流活動をつづけていることが高く評価されました。

2位/高知県  香美市(かみし)林業婦人部
  年間を通じて10数回の行事をこなしており、近年では林業・環境にとどまらず、福祉・教育・狩猟にまで活動の範囲を拡げています。
  とくに最近問題になっているニホンジカの食害による山の荒廃などをいっしょに考えてもらいたいとの思いから、地元で捕獲したシカの肉などを使った鹿肉カレーの提供に積極的に取り組んでいます。

くわしい内容は、こちらを