お知らせ・トピックス情報をお寄せください。
森林・林業・環境・地域づくりなどにかかわる話題を紹介します。

平成26年度林業普及指導職員 中部・北陸ブロックシンポジウム~最優秀賞は福井県~ 2014/10/30

 平成26年度林業普及指導職員 中部・北陸ブロックシンポジウム(開催県:福井県)が、「林業普及指導事業における森林総合監理士等の活動の取組」をテーマとして、9月8日(月)~9日(火)にあわら市で開かれました。
 各県の普及指導員が取り組んでいる活動内容の発表では、福井県の普及指導員による「フォレスターにとっての顧客とは『プランナーと集落』です」が最優秀賞に選ばれ、12月2日に開催される「林業普及指導員全国シンポジウム」(林野庁主催)で九州ブロック代表として発表することが決まりました。

 福井県選考の理由は、担当している福井市森林組合の森林整備をすすめるためには、①プランナー業務の支援を通して信頼関係の構築、②集落への働きかけをプランナーと協働した取組からプランナーの知名度が向上し、集落での集約化の動きが進むなど発表テーマとしてふさわしい、また、発表そのものが人を引きつけるもので、常に森林所有者等と接する林業普及指導職員としては重要な要素として評価されたものです。
 なお、本年12月2日に開催される林業普及指導員全国シンポジウム(林野庁主催)に中部・北陸ブロック代表として発表することが決まりました。
 また、森林総合監理士等の活動をテーマにしていることもあり、今年度から国有林からの発表(審査対象としない)が行われることになりました。

<発表者及びテーマ>(発表順、敬称略)
  静岡県/牧野 滋 「清水地域における県産材サプライチェーン整備への挑戦」
  富山県/ 近堂 純 「川上から川下まで潤う地域林業の復活を目指して~森林総合監理士としての地域材流通活性化の取り組み~」
  岐阜県/藤井 敦 「意欲ある小規模林業事業体の育成」
  新潟県/松永 尚克  「利用間伐からはじまる魅力ある林業再生に向けた准フォレスターの取組」
  長野県/上 路浩 「素材生産量増加へ向けた取組み」
  石川県/岡山 剛・中島 健太郎  「県産材の利活用促進に向けて ~1年生准フォレスターコンビのやれることからの取り組み~」
  愛知県/加藤 充俊 「北設楽地域における木材の安定供給体制強化に向けた取り組み」
  福井県/藤極 伸太郎  「フォレスターにとっての顧客とは『プランナーと集落』です」
  (参考発表)
  中部森林管理局/谷澤 功志 「民・国連携による木曽谷流域の林業再生への取組」

くわしい内容は、こちらを