林業普及情報

詳細表示

表題 低コスト林業の推進及び林業事業体の技術向上~集材作業の労働強度軽減を目指した繊維ロープの普及~
出典 平成28年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 高知県幡多林業事務所 チーフ(間伐担当) 宇久 真司
本文から  高知県では,県経済活性化を目指した「産業振興計画」を推進しており,林業分野においても豊富な森林資源を活用するため,木材生産量を増大し,地域の活性化を目標としている。しかし木材価格の低迷や担い手不足のため,いかに木材生産の労働生産性を向上し低コストで搬出するかが喫緊の課題となっている。
 管内の木材生産の担い手は,森林組合及び素材生産業者であるが,その多くがいわゆる四万十方式の作業道を利用した「単線地引集材」を主体としており,集材の距離は30m程度である。作業システムは,伐倒:チェーンソー,集材:ウインチ付きグラップル,造材:プロセッサやハーベスタ,小運搬:2tダンプとなっている。この現状のシステムで,労働生産性の向上,加えて労働強度の軽減を図る一手法として,近年既存のワイヤーロープよりも軽く,取り扱いが容易な素材として注目されている「繊維ロープ」の導入と,その効率的な活用方法を普及し,あわせて労務作業員の技術向上を目指して,高知県立森林技術センター,高知大学と連携しながら普及活動を展開した。
ファイル名 サイズ 更新日時
H28_39高知.pdf 294 KB 2017/04/04 14:41:46