林業普及情報

詳細表示

表題 民国連携による市町村森林整備計画策定支援~地域課題への取り組みと市町村職員の育成について~
出典 平成28年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 広島県農林水産局 林業課 林業技術指導担当 事業調整員 野々村 哲郎
本文から  広島県では,平成22年に「2020広島県農林水産チャレンジプラン」を策定し,その中で「効率的な木材生産体制の構築」の実現のため,計画的な林業を実施していくために必要な,人材育成や条件整備を進めている。
 市町村森林整備計画の策定についても,その中に位置づけられ,森林総合監理士等が中心となり,計画策定支援や実行監理支援を行っている。
 一方,その策定主体である市町村については,人事異動等により,計画策定に必要な基礎知識が十分でない担当者が散見され,知識取得を支援する取り組みが必要である。
 また,支援する側である広島県の普及組織は,先進的な取り組みを行っているフィールドが少なく,県内で現地研修や検討会を行うことが困難な状態にある。
ファイル名 サイズ 更新日時
H28_34広島.pdf 544 KB 2017/04/04 14:36:21