林業普及情報

詳細表示

表題 地域を変えていく力を応援~石川県七尾市八田間伐事業会~
出典 平成28年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 石川県中能登農林総合事務所 専門員 小倉 晃
本文から  林業の採算性向上を図るためにまとまった面積で効率的な作業を実施しなければならない。しかし,私有林には零細な所有者が多く,石川県中能登地域も例外ではない。このような状況で個々の森林所有者が単独で施業を実施することは非常に困難である。このため,隣接する複数の所有者の森林を取りまとめ,林業事業体等が路網作設や間伐等の森林施業を受託し一括して実施する施業の集約化をしなければならない。効率的な施業を促進するためにプランナー等が提案型集約化施業に取り組み,森林の現況に即した路網計画や森林施業の方針,利用間伐等の事業収支を示した施業提案書を作成し,それを森林所有者に提示して合意形成を図っている。しかし,プランナーが地域の施業集約化のために地域のとりまとめをしようとしても,地域の集約化については「地域の人にしかできない」と言う声が大きい。また,近年よく耳にする「不在村者保有森林,境界不明瞭,集落の高齢化,限界集落 等々」により,集約化が年々厳しくなっている。このような中,石川県七尾市八田町では中能登森林組合が主催する林業座談会をきっかけに,地域を集約化し,間伐作業などの施業実施,山への関心の復活まで至った。この功労者である八田間伐事業会代表者の取り組みについて紹介する。
ファイル名 サイズ 更新日時
H28_18石川.pdf 268 KB 2017/04/04 14:13:50