林業普及情報

詳細表示

表題 都市部の森林整備を担う人材育成について
出典 平成28年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 千葉県北部林業事務所 上席普及指導員 森 浩也
本文から  都市化の進展に伴う森林の開発圧力が強いことに加え,残された森林も少ないことから,林業が盛んな地域ではないものの,森林は貴重な緑の財産としてとらえられている。
 また,森林所有者は,森林が不法投棄の場になっていることへの憤りや,先祖から引き継いだ森林を次代に引き継ぐために整備を行いたいという希望もある。
 県内の森林組合は,千葉県森林組合と千葉市森林組合の2組合であるが,千葉市森林組合は作業班など事業実施体制が整っておらず,また,県森林組合は千葉市以外を管轄区域とするものの,主に森林の多い県南部を中心に活動しているため,一部を除き,この地区の森林を整備する作業班がない。
 さらに認定事業体については県内9事業体があるが,森林組合と同様に主な活動地域を県南部としている。県北西部を活動区域として他の事業から新たに参入した事業体については,今後の活躍が期待されるところである。
ファイル名 サイズ 更新日時
H28_12千葉.pdf 296 KB 2017/04/04 14:06:48