林業普及情報

詳細表示

表題 秩父地域における人材育成の取組
出典 平成28年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 埼玉県秩父農林振興センター 林業部 林業普及指導員 田畑 琢己
本文から  埼玉県の森林面積の約1割を占めている小鹿野町における森林経営計画を進めるために,森林経営計画を作成できる秩父広域森林組合の技術者育成が急務であった。平成25年度に指導員が中心となって小鹿野町で初めての森林経営計画が作成された。この森林経営計画に基づき事業実施したところ森林所有者への還元金が少なく,森林経営計画の持続性に疑問が生じた。このため,持続的な森林経営計画の作成を続けるために林内に放置されているC材, D材などの未利用材の有効利用を考えることとした。
 平成27年度に,木質バイオマス利用を目的とする三・両地域協議会が発足し,指導員は組合の技術者とともに協議会に参加して未利用材活用の可能性を探った。
ファイル名 サイズ 更新日時
H28_11埼玉.pdf 452 KB 2017/04/04 14:05:07