林業普及情報

詳細表示

表題 ヒノキ植栽地における獣害防止対策について~「ブロックディフェンス」の試行~
出典 平成28年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 群馬県渋川森林事務所 主幹 星野 勝
本文から  群馬県中央部に位置する利根川流域の当普及管内では,赤城山南面地域を中心にニホンジカの生息密度が高く,スギ,ヒノキ等の新植地での食害や樹皮剥ぎ,角とぎなどの被害が多く発生しており,野生獣類による林業被害は深刻な状況となっている。
 このため,当普及区では,平成26年度からスタートした「ぐんま緑の県民税事業」により,松くい虫被害地において樹種転換による森林の再生を図ることを目的にヒノキ植栽地において,「ブロックディフェンス」の手法により獣害防止柵を試行的に設置した。
ファイル名 サイズ 更新日時
H28_10群馬.pdf 399 KB 2017/04/04 14:04:11