林業普及情報

詳細表示

表題 西予市における担い手確保の取組
出典 平成27年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 愛媛県南予地方局産業経済部八幡浜支局森林林業課 和泉 志穂
本文から  西予市の森林面積は,県下の36.7%を占めており,林業地で有名な久万高原町に次いで二番目の地位を誇っている。また,樹種のおよそ半数近くが9~12齢級のヒノキであり,質・量ともに充実している。
 この西予市の森林を担うのが,西予市森林組合と第3セクターの株式会社エフシー,市内にある大小合わせて15の製材工場であり,県内随一の木材加工地域となっている。
 しかしながら,長期の材価低迷により,林業の採算性は悪化し,森林所有者等の原木生産意欲が低下して,地域内の原木生産量が頭打ちとなっていた。これらの問題を解決するため,林業普及指導員として関係者の連絡調整を行いながら,地域全体で森林の集団化と提案型森林施業の取組を行い,平成23年度には,推進組織として西予市主体の西予市林業活性化センターが設立されることとなった。
ファイル名 サイズ 更新日時
38愛媛県.pdf 576 KB 2016/04/12 10:16:43