林業普及情報

詳細表示

表題 地域産木材の利用推進~山城eco木材供給協議会の設立と活動~
出典 平成27年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 京都府山城広域振興局 主査 近藤 聡・副主査 山路 和義
本文から  京都府山城地域は京都府の南部に位置し,5市6町1村で構成され,大阪府・滋賀県・三重県・奈良県と接しています。
古くから京都・奈良・大阪を結ぶ交通の要衝地で,平等院(宇治市)と宇治茶の生産地,また源氏物語の舞台として全国にその名を知られています。
 林業活動においては,奈良の都の造営に要する木材の供給・集積地として重要な役割を担った地域であり,木津など地名として今もその名ごりを留めています。
 一方,近年の木材価格の低迷や京都市等に隣接する都市近郊域であることから,林業活動は停滞していますが,かつては京都南部の林業地域として木材生産が盛んであったため,森林面積は小さいながら,府内の人工林率の上位1,2,4位の市町が存在しています。
ファイル名 サイズ 更新日時
26京都府.pdf 383 KB 2016/04/12 09:58:37