林業普及情報

詳細表示

表題 「軽トラで山へ行こう」を合言葉に。林業経営研究会における木質バイオマス用材供給への取組
出典 平成27年度 全国林業普及指導職員 活動事例集(発表要旨)発行/全国林業普及指導職員協議会
執筆 福井県丹南農林総合事務所 林業部丹生林業・木材活用課 主査 仲保 理恵
本文から  福井県では,来年度より木質バイオマス発電施設が稼働する予定となっており,安定的に燃料を供給する体制づくりに向け様々な取り組みがなされる中,当普及区では数十年にわたり施業技術等を意欲的に研究し続けている林研グループ,丹生林業経営研究会に着目した。
 そこで,同研究会に対し,森林組合や林業事業体が間伐した跡の林内に残された林地残材を対象とした発電用燃料の収集を目的に,「木質バイオマス協議会」の設立を提案した。
 今回は,協議会設立までの一年間の経緯と活動を開始してから現在までの報告を,作業行程の分析等を交えて報告する。
ファイル名 サイズ 更新日時
19福井県.pdf 265 KB 2016/04/12 09:37:37