林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 津山町林業研究会(平成26年度 林野庁長官賞)宮城県
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成26年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊
執筆 津山町林業研究会
本文から  当地区は古くから農林業の盛んな地域であり、林業後継者同士の親睦と情報交換を図ることを目的として、熱心な森林所有者が集まり昭和30年に津山町林業経営者協会が設立された。
 地区で林業に従事する者は50人足らずであるが、有志が集い、さらなる林業技術の習得と向上を目指し、昭和47年に新たに津山町林業研究会として改組・設立された。
 その後、木材価格の低迷と林業後継者の減少と共に林研活動も一時停滞したが、昭和57年にそれまでの森林所有者を中心とした会員に加え、新たに伐採搬出業者・森林組合職員などの素材生産者や木炭生産者・木工職人・農協職員等の加工流通関係の新会員7名が加入した。それを契機として頻繁な会合が開催されることになり、木に携わる人たちの情報交換や会員相互の親睦が進み、現在、会員数14名により活発な活動が行われている。
ファイル名 サイズ 更新日時
2_miyagi.pdf 736 KB 2017/04/03 10:28:40