林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 加美林業研究クラブ(平成25年度 林野庁長官賞)兵庫県
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成25年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊
執筆 加美林業研究クラブ
本文から  「加美林研クラブ」は、この多可町加美区内の森林所有者で、特に林業に志を持った者が、林業技術の向上を目指して昭和56年12月に発足したクラブです。
 発足当初の会員は26名でしたが、会員の高齢化に伴い、現在は14名となっています。
 先輩の話によりますと、昔から、加美のヒノキは、枝打ちや間伐により良質な材に育つよう維持管理してきたため、年輪幅が狭く均整がとれ、強度に優れ、さらに加工性がよく、耐震性、耐火性に優れており、木肌が淡いピンク色で香りが高く、使い込むほどに味わいが出てくると言われておりました。我々もそういった品質の高い、希少価値のある優良材生産を目標としています。
ファイル名 サイズ 更新日時
5_hyogo.pdf 602 KB 2016/03/31 14:07:05