林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 牧園町椎茸振興会(平成24年度 全林研会長賞)鹿児島県
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成24年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊
執筆 牧園町椎茸振興会
本文から  シイタケ栽培が盛んな当地において、昭和40年当時、シイタケ原木が不足した状況がありました。そこで、町有林にある豊富なクヌギを生産者に提供してくれるよう役場に交渉したところ、町内在住の生産者で組織をつくり、その組織に加入している生産者だけが町有林の原木を買えるという取り決めが行われ、その時に結成されたのが「牧園町椎茸振興会」です。
 この町有林の原木入札制度は、平成17年に霧島市に合併した後も、市の協力のもと現在も継続しています。
 また、現在の振興会員は、昭和40年の結成から数年遅れてできた、会員の後継者からなる当時の青年部が中心となっており、現在13人で組織し、活動を行っています。
ファイル名 サイズ 更新日時
44_kagoshima.pdf 526 KB 2015/03/24 14:59:17