林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 松前アスナロ研究グループ(平成24年度 全林研会長賞)北海道
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成24年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊
執筆 松前アスナロ研究グループ
本文から  ヒバと言えば「青森ヒバ」が日本三大美林として有名ですが、道南地域でも、郷土樹種として、古くはニシンや砂金と並び松前藩の重要な資源として活用される程分布していました。しかし、大規模な山火事と過度の伐採により大部分が消失してしまいました。
 ヒバは、耐久性に優れ、木肌の美しさやその独特な香りから建築材として高い評価を得ており、ヒバの魅力に惹かれ「ヒバを松前町の特産にしたい」との思いから、松前町在住の有志8名(当時の平均年齢70歳)が、地域林業の発展と緑豊かな郷土を築き上げることを目的に平成17年6月にグループを設立しました。
ファイル名 サイズ 更新日時
07_hokkaido.pdf 497 KB 2015/03/24 13:27:45