林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 NPO法人 もりふれ倶楽部(平成22年度 林野庁長官賞)島根県
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成22年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊
執筆 NPO法人 もりふれ倶楽部
本文から  里山自然塾、自然観察会、里山ものづくり体験、ネイチャーゲーム教室等の年間を通じたイベントや、出張も含めて、公民館・学校・各種団体への自然工作・自然体験指導を通した里山保全の普及啓発活動を、年間70~100回程度(参加者合計3千人)実施しています。その際に、「間伐前の暗く、下層植物が、ほとんど生えていない森」「5割の強間伐後、2年たち、下層植物が豊かに生えた森」の2枚の写真を持ち歩き、健全な森が維持されるには、人が関わらなくてはならいことと、スギ・ヒノキが植樹されていること自体が悪いということではないことを伝え続けています。
ファイル名 サイズ 更新日時
05NPO法人もりふれ倶楽部.pdf 114 KB 2013/03/22 15:20:46