林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 標津町林業研究グループ (平成21年度 全林研会長賞)北海道 
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成21年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊
執筆 標津町林業研究グループ
本文から 大規模な酪農経営に不安を感じた酪農家や地域の種苗会社の経営者が発起人となり、「農林複合経営による酪農の経営安定と財産形成」を目的に会員を集め、昭和45年4月に6名で林業研究グループを設立しました。個々の会員の所有森林面積は小さかったため、町役場に実習林造成を働きかけ、9haの分収契約を締結しグループ共有の財産として実習林の造成を始めました。昭和48 年までに分収契約を2カ所27.92haに拡大し、「青年の山プロジェクト活動」の指定による助成を受けながら実習林を整備しました。
ファイル名 サイズ 更新日時
北海道.pdf 275 KB 2011/12/20 16:13:45