林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 武内町親林会(平成19年度 全林研会長賞)佐賀県
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成19年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2008年6月/P202-205
執筆 武内町親林会 佐賀県武雄市武内町
本文から (武内町の概況)
 武雄市武内町は、佐賀県の西部に位置し、・・・面積は、24.8平方キロメートル、人口2,753人、林野率は63%、人工林率は52%で、農業を基幹産業とする町です。中でも、昭和21年、22年度と米供出日本一を2回取っています。・・・
(武内町親林会の発足)
 ・・・平成3年9月に台風17号、19号が続けて九州北部を中心に襲い、山林に壊滅的な被害をもたらしました。・・・
 武内町親林会の母体となる「武内町住みよい町をつくる会」が平成元年に発足し、・・・台風被害の早期復旧と台風に強い森づくりを目指し、設立総会を平成5年3月5日、町民25名、武雄市役所農林課の参加を得て「武内町親林会」を発足させることができました。
(武内町親林会の活動)
 台風被害の早期復旧を目的に発足した武内町親林会は、会員の所有林の被害木整理から始め、そのための研修会や間伐を実施することから取り組みました。・・・
1.間伐指導
(1)新会員に対する指導。新会員は、熟練した会員と2人組で間伐実施。
(2)チェンソ一について、使い方や目立ての仕方を指導。
2.ふれあい公園及び平成の森の管理
(1)ふれあい公園の管理
 武内神社境内にある「ふれあい公園」には、記念樹など様々な樹が植えられています。
 各団体、地区老人会による年2回の下払い、枝切りなどが実施され、会員は積極的に参加して指導しました。
(2)平成の森の管理
 武内小学校改築工事完成後、第26回全国育樹祭(平成14年10月嬉野市)開催を記念して武内小学校裏の斜面に、武内町親林会の会員が中心となって、各団体、小学生を指導しながら植樹し、平成の森を造成しました。その後、年3回下刈り実施と指導。・・・
3.研修会及び視察
 県からの連絡、その他案内を受けて各種研修会に積極的に参加。・・・
4.森林健康診断
 平成18年度武内町において、佐賀東部流域森林・林業活性化センターにより、林道柚木原線沿いの過密林分の人工林約20カ所で、樹高、胸高直径、立木本数が調査され、間伐の必要性が森林所有者に通知され、早急な間伐が促された。・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2007_202_205.pdf 96 KB 2008/10/10 17:03:33