林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 杷木林業経営研究会(平成19年度 全林協会長賞)福岡県
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成19年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2008年6月/P198-201
執筆 杷木林業経営研究会 福岡県朝倉市
本文から 1.地域の概要
 福岡県朝倉市は、平成18年3月に3つの市町村(甘木市、朝倉町、杷木町)が合併して誕生した市です。面積は、24,700ha、人口は約6万人です。森林面積は13,475haで、うち人工林は85%の11,463haを占め、森林資源が豊富で県内でも有数の木材生産地となっています。
 杷木林業経営研究会の活動拠点である旧杷木町は、朝倉市の東部、筑後平野の東端に位置し、・・・
2.杷木林業経営研究会の紹介
 昭和37年4月17日に7名の会員で、先進的な林業技術の研究を通じ、地元の林業に貢献することを目的として発足しました。
 現在の会員数は12名で、林業従事者、自営業者、森林組合職員で構成されており、定期的な意見交換の場を持ち各種勉強会を行うことで会員の相互研蹟に努め、・・・
3.主な活動内容
(1)吸収源対策森林施業推進活動緊急支援事業
 平成18年度に、京都議定書におけるCO2の森林吸収量の目標である3.8%の達成に向けて、林研グループの活動で貢献することを趣旨とした吸収源対策森林施業推進活動緊急支援事業に取り組みました。
 「あなたの山林は大丈夫ですか?」をキーワードに、林研会員が林業アドバイザーとして間伐を呼びかけるパンフレットを作成し、所有山林への関心が薄く、補助事業等の情報から遠いと考えられる高齢者の家を中心に、200軒の戸別訪問を行いました。・・・
(2)ボランティア活動
 山野の環境保全につなげようと、毎年、市内の公共的な土地である河川敷や林道を中心にボランティア草刈りを実施しています。・・・
(3)台風災害の復旧作業と収益事業
 平成16年に襲来した台風18号により、朝倉市は203haに及ぶ甚大な民有林が被害を受けました。国、県、市の支援のもと、風倒木整理をはじめとする森林災害復旧事業等の補助事業が実施されました。
 本会では、かつての森林を取り戻すべく、各会員がいち早く復旧に取り掛かり、森林組合と連携を図るなどして森林の再生に取り組みました。・・・
(4)視察研修会及び各種イベントへの参加
 毎年、県、県林業研究グループ連合会等が主催する視察研修会や技術講習会に積極的に参加しています。・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2007_198_201.pdf 103 KB 2008/10/10 17:02:24