林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 幡多林業研究グループ協議会(海森自然体験公園グループ)(全林研会長賞)
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成19年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2008年6月/P191-195
執筆 幡多林業研究グループ協議会(海森自然体験公園グループ) 高知県黒潮町
本文から 1.地域の概要
 ・・・黒潮町全体の森林面積は14,740ha、森林率78%であり、人工林面積が6,974ha、人工林率47%です。ヒノキの植栽が大部分であり、幡多ヒノキとしての銘柄化をなしつつありますが、昭和30年代までは木炭が盛んであり、40年代からの植栽で、まだまだ育成中の森林が多く、今後20年~30年かけて間伐を行いつつ、基盤整備を図りながら、若い後継者の養成を行っていかなければなりません。
2.「海森自然体験公園グループ」結成の動機と運営
 H13年に熊野浦地区の山林6haを個人的に購入したことがきっかけで仲間とともに、ここに自然体験のできる公園を作ろうという気運が高まり、10名ぐらいの仲間とともに道を作り広場を作り、町木であるオガタマノキを植栽し、公園作りを始める。
 H16年頃より、組織をしっかりしたものに、ということになり名称を「海森自然体験公園」とし、発足する。又、隣接の山林所有者が主旨に賛同して山を提供(25ha)してくれたこともあり、総面積32haとなり、公園の名称を「ブルーマリンの森林」として、自然体験できるよう、子供たちと一緒にできることから始めることにした。もとより、山で働く林研の仲間であり、子供たちを集めてはイベントを開催していましたが、H17年、18年度には県の環境税の補助事業である「生き活きこうちの森づくり推進事業」を取り入れて本格的にスギ、ヒノキ林の間伐や広葉樹林(やぶ椿)の間伐、歩道の整備を行い、又、18年には教育委員会の「こどもの心育て推進事業」より補助を頂き、親子のイベント事業を行うことができました。待望の研修棟もこの春に完成し、ここを拠点にして活動することができるようになりました。
 現在、展望広場や管理棟(研修棟75m2)、オガタマノキ植栽約1ha、150本植。ヤブツバキの森約5ha、スギ・ヒノキの間伐10ha、その他広葉樹の森15ha、管理道(散策道幅2m)として延長3,500mを整備し、岬には展望台の設置を進めています。
 又、牧野植物園の職員の方々にもアドバイザーとして参加をお願いして、子供たちや一般参加者へのアドバイスをしてもらっています。
3.「海森自然体験公園グループ」活動と現況
 目的及び活動は次のとおり
① 黒潮町佐賀地域の山林32haを借用し、海と森林で子供から大人まで遊べる自然体験型公園(ブルーマリンの森林)を作る。
② 伊与喜地域での水辺の森公園を作り、連携した自然体験公園とする。
③ 熊野浦地域と伊与喜地域の人々と協力しあい、活動をしていく。
現在までの活動状況
1 公園内への管理道及び広場作り・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2007_191_195.pdf 110 KB 2008/10/10 17:01:20