林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 阿波池田やまびこ会(全林協会長賞)
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成18年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2007年6月/P166-171
執筆 阿波池田やまびこ会 徳島県三好市池田町
本文から 1.地域の概要
 徳島県三好市池田町は四国の中心部にあり、・・・森林面積は13,761ha、森林率は82%であり、人工林面積は7,597ha、人工林率は約55%です。内訳はスギ44%、ヒノキ33%、クヌギ13%となっています。なかでもクヌギの人工林面積は県下一の953haです。・・・
2.グループ結成の動機と運営
・・・昭和37年に男性が中心となって「佐野椎茸生産組合」が有志5名で結成され、・・・ この間、女性たちは主に裏方として男性を支えてきましたが、・・・「佐野椎茸生産組合」の組織に婦人部を立ち上げ、・・・
3.グループ活動と現況
① 地域特産品開発の試み
 当初は具体的に何をすればよいかわからず、話し合いを繰り返す中で、地域のものを使った特産品づくりを行うこととし、加工食品の先進地調査、講習会等を実施し、・・・
② 佐野しいたけ祭りの開催
・・・会結成の翌年からしいたけをメインとした「佐野しいたけ祭り」を毎年12月第2日曜に開催することとなりました。・・・
③ しいたけうどんの開発
 美味しい原木乾しいたけをPRする方法はないかと試行錯誤する中で、乾燥しいたけの粉末をうどんの中に練り込んだ「しいたけうどん」の商品開発を行いました。・・・
④ 半生しいたけうどんの開発
・・・話し合いのなかで、乾燥うどんはどうかとの意見があり、平成14年に試作品を作ってみました。その後、東京での「食フェア」で「半生しいたけうどん」を販売し・・・
⑤ 半生麺講習会
・・・さぬきうどんの本場である香川県から講師を招き、うどん講習会を開きました。・・・
⑥ 全国育樹祭のお土産づくり
 平成16年10月24日、徳島県で開催された全国育樹祭において、県内参加者用のお土産として半生しいたけうどんが採用されました。3,700袋の注文を受け、・・・
⑦ ゆうパックの開発
 佐野椎茸生産組合と生活改善グループとの共同で、「半生しいたけうどん」と「乾燥しいたけ」、「椎茸の佃煮」の3品を1セットで売り出そうということになりました。・・・
⑧ イベント及び地域活動への参画
 毎年、池田町のダム湖で行われる「へそっ湖まつり」や平成16年度に開催された「全国育樹祭」などでは、多くの「しいたけうどん」の注文を頂き、・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2006_166_171.pdf 137 KB 2008/10/09 18:12:40