林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 下松市林業研究会(全林研会長賞)
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成18年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2007年6月/P160-165
執筆 下松市林業研究会 山口県下松市
本文から 1.地域の概要
・・・下松市の人口は53,513人、総土地面積は、8,936haで・・・
 森林は、絵土地面積の約6割(5,400ha)を占めており、地域住民に密着した里山から林業生産活動を目的とした人工林、さらには、広葉樹林まで幅広い構成になっています。
 また、森林面積の9割(4,898ha)が民有林で占められていますが、私有林の所有規模をみると全林家の86%が5ha未満の小規模所有者となっています。
2.グループ結成の経緯と運営方法
 下松市林業研究会は、県が主催する林業教室の受講を契機に昭和63年に発足しました。
 以来、会員相互が林業経営に係る知識と技術の習得に努め、林業経営の改善と地域社会への貢献に寄与することを目的に現在、51名の会員が活動しています。・・・
3.活動状況
・・・
(1)知識と技術の習得に向けて
 多様な森林整備のための施業方法を検討するために下松市の協力を得て、市有林の一部に平成元年から3ケ年で集約施業林(0.60ha)、ケヤキ試験林(0.26ha)、育成天然施業林(0.69ha)を造成し、間伐、枝打ち等の研修を実施するとともに各品種における生育状況調査などを実施しています。・・・
(2)地域における森林・林業に係る啓発活動
・・・山口県においては、平成17年度から「やまぐち森林づくり県民税」を導入し、36年生以上のスギ・ヒノキの人工林で長期間放置された森林について、4割以上の強度間伐を実施する「公益森林整備事業」が姶まりました。・・・ また、次代を担う地域の小学生に森林・林業体験学習を実施しています。・・・
(3)都市住民との交流
 近年、会の主たる活動の一つに各種地域行事への積極的な参加があります。 市主催の「福祉まつり」や「ルーラル・ゆうゆうフェスタ」等に会のコーナーを設け、線の相談や木工品等の販売や体験イベントなどを通し、市民等に会のPR活動を・・・
(4)竹林対策
 下松市においても、近年、竹の繁茂が拡大しており、人工林への侵入による森林の公益的機能の低下など生活環境や自然環境への影響が懸念されています。このため、竹材の有効利用法の一つとして竹炭を製造することで繁茂竹林対策の一翼を担えないかと考え、竹炭窯2基備えた竹炭場を平成13年に設けました。この竹炭場において良質な竹炭の生産を目標に9班が交替制で(農繁期を除く)試行錯誤しながら取り組んでおり、現在、二窯で年間200kg程度生産しています。・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2006_160_165.pdf 149 KB 2008/10/09 18:02:19