林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 出雲市林業振興協議会(全林研会長賞)
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成18年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2007年6月/P148-151
執筆 出雲市林業振興協議会 島根県出雲市
本文から 1.地域の概況
・・・出雲市は県東部に位置し、人口は148,000人、出雲市の南部は大半を森林が占め、北部には鼻高仙を最高峰とする峰々が連なり、この一帯は県立北山自然公園区域となっています。総土地面積は54,339ha、森林面積は35,431haで総面積の65%を占め、そのうちスギを主体とした人工林は14,875haで、人工林率は43%となっています。
・・・
3.活動の歩み
 発足当初、会員は主に林業関係者から構成されていたため、活動は林業経営の改善等の自主活動が主たるものであり、地域林業の振興に寄与してきました。平成に入り、林業を取り巻く環境が大きく変わり、会の活動も多様化しました。現在は、新たに教員、公務員、会社員、獣医師などを本職とする会員が増え、・・・
①「出雲ふるさとの森づくり」事業における森林整備と管理
 現在、出雲市では平成13年度から荒廃が進む森林を対象に市民参加による再生事業に取り組んでいます。当会はこの事業に賛同し、「ふるさとの森に対する住民理解の醸成」と「森づくり運動の展開」に協力して、70アールの広葉樹林を主体としたモデル林の・・・
② 県民税による「水と緑の森づくり事業」への参加・協力
島根県では平成17年度から県民税の超過課税による森づくり「水と緑の森づくり」事業が進められています。この事業は10年以上適正な保育管理が実施されていない荒廃した人工林のうち、水を育むなどの公益的機能を持続的に発揮させる必要がある森林において、不要木の伐採を行い、必要に応じて広葉樹苗を植栽する事業です。・・・
③「いずも市民の森」事業への参加・協力
出雲中央ロータリークラブ(会員52名)は平成8年から市内の公有林(1.5ha)を借り受けて、地域の子供たちや奉仕団体と協力して森づくりを行う「いずも市民の森」事業を行っています。・・・
④ 日曜林業教室の開催
休日農業や日曜大工があるように「日曜林業」があってもよいとの思いから、日曜林業教室を行っています。市内にも小規模の山林所有者が多いのですが、先代が植栽したもので、どのように保育管理したらよいのかわからない所有者が多いのが現状です。・・・
⑤ 親子木工教室の共催
夏休みなどには各地で親子を対象にした木工教室が開催されていますが、当会では単なる木工教室ではおもしろくないと考え、伐採から木製品に続く一連の流れが体験できる教室を開催しています。・・・
⑥ 出雲地区森林組合林業祭での参加・協力・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2006_148_151.pdf 111 KB 2008/10/09 17:58:53