林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 本荘由利森林組合林業研究会(全林研会長賞)
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成18年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2007年6月/P43-46
執筆 本荘由利森林組合林業研究会 秋田県由利本荘市
本文から 1.地域の概要
 本荘由利地域は秋田県の南部、日本海側に位置し、・・・森林面積は10万4千haと県全体の13%ですが、民有林率は78%と高く、国有林の多い秋田県の中にあっては典型的な民有林地帯となっています。スギ主体の民有村人工林は、4万7千haを超え、人工林率は59%にも上り、間伐を要する4~9齢扱が73%と高く、・・・
2.本荘由利森林組合林業研究会「女性の会」の設立経緯
 平成8年に・・・、本荘由利森林組合林業研究会が組織され、その研究会を母体として、会員家族の女性21名を中心に「女性の会」が発足しました。・・・
3.活動内容
(1)間伐研修
 大規模な山林経営ながら、原木価格の低迷にも負けない様々な工夫による間伐を実践している会員を視察しました。・・・また、伐採から搬出まで高性能林業機械を活用した夫婦二人三脚の自家労力による経費の削減や、葉枯らし乾燥により付加価値を高めるなど、市場ニーズに対応した素材生産にも取り組んでいます。・・・
(2)タラノメ栽培研修
 当林業研究会主催の特用林産物に関する講演会で、山形県真室川町のタラノメ栽培者の講話に感銘を受け、タラノメ栽培を初めた会員を視察しました。平成12年に作付けをスタートして、現在は地域に生産者グループもでき、冬場の安定した収入に結び付いています。・・・
(3)情報交換会
 各会員からの近況報告、今取り組んでいること、これまでの失敗談、果ては子育ての話題・・・
(4)その他の研修
 原木市場、スギ苗畑など普段あまり見ることが出来ない場所も積極的に見学し・・・
4.森林環境教育への取り組み
 シイタケ栽培をしている会員と、ホダ場を「健康の森」として地域に開放し、子供達を対象に、様々な体験学習を行っております。・・・・・
5.新たな特用林産栽培への取り組み
 シドケ栽培に挑戦しましたが、全くの手探り状態から杉林の中に種を蒔いてみたところ、うまく育てることができました。・・・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2006_043_046.pdf 93 KB 2008/10/09 14:34:55