林業研究グループの活動事例情報

詳細表示

表題 旭林業グループ(平成18年度 全林研会長賞)北海道
出典 林業グループ活動・研究事例集(平成18年度)/全国林業研究グループ連絡協議会刊/2007年6月/P32-35
執筆 旭林業グループ 北海道天塩郡遠別町
本文から 1.地域とグループの概要
 遠別町は日本海に面した北海道北西部に位置し、・・・森林面積は51千haで、町全体の87%が森林に覆われています。国有林を除く一般民有林は12千haで、その人工林率は47%になっています。・・・現在4名の会員と会員夫人の8名で活動を行っています。会員の平均年齢は61歳で、職業は種苗業、酪農業、畑作農業、自営業と多様です。また、会員の平内所有面積は32ha、その人工林率は54%で、立地条件に適したトドマツやシラカシバを主体に造林しています。
2.グループ結成の経緯
 ・・・グループ活動の目的は、林業技術の習得、活動を通じた豊かな人間関係の構築、魅力ある郷土づくりへの貢献で、「出づくり、人づくり、地域づくり」をスローガンに活動を行っています。
3.グループの活動状況
・・・(1)会員所有林の育成
 会員の所有林は、会員自らの手で育成・管理していくという考えのもと、除間伐や枝打ちなどの保育施業を行っています。・・・
(2)苗木づくり
 ・・・原野だった会員の土地を借りて苗畑を整備し、地域の天然林から採取した種子からカシワやエゾヤマザクラの苗木を育てています。今までにカシワ1.2千本、エゾヤマザクラ3千本の苗木を育て、町民植樹祭や小学校などに無償で提供しています。・・・
(3)きのこ栽培や炭焼きなど
 ・・・ヤチダモの絞り丸太づくり、自家消費用のシイタケ、ナブコ、クリタケ、シメジの栽培、間伐材を利用して簡易炭窯による木炭・木酢液の生産、飲料用のシラカンバ樹液の採取などを楽しみながら行っています。
(4)林業先進地視察研修の実施と各種研修会への参加
 会員の資質向上や活動上の課題解決に向け、道内の林業・木材産業の先進地や試験研究機関を訪問し、優れた出づくり技術や最先端の林産加工技術などの視察研修を行っています。・・・
(5)町内外の林業グループとの交流
 所属する留萌支庁管内に8つ、町内には4つの林業グループがあり、他の林業グループとの交流会や研修会を通じて意見交換を行うなど、・・・・・
ファイル名 サイズ 更新日時
林研2006_032_035.pdf 109 KB 2008/10/09 14:29:06